「老い」との戦い

人間は必ず老いる。

避けて通ることの出来ない宿命である。

歳を取るごとに老いは忍び寄っているが、そのことを明確に意識するようになるのは、70歳を過ぎてからのように思う。

徐々に出来ていたことが出来なくなったり、疲れやすく、またその疲れが残るようになる。

私の場合、「老い」を強く意識し始めたのは、最近、狭窄症が高じて椎間板ヘルニアと診断されたことである。

主な症状は腰痛と足の痺れである。

足が痺れるので、歩く時、動きが不安定になり、早く歩けないし、階段を下りるのが恐い。

加齢によるものなので、対処療法はない。

幸い、まだ手術をするほどではないが、いずれかは、手術が必要になる時が来るだろう。
あるいは、手術が必要となる前に、「死」が訪れるかも知れない。

どちらが先に来るか、「神のみぞ知る」である。

この現実だけは、甘んじて受け入れなければならない。

問題は、そのうえでどう過ごして行くがである。

「体」は老いても、「心」は老いたくない。

これからの人生で、もっとも大切なことは、若い心を保ち続けることである。

人間は必ず老いると頭ではわかっていたが、これまで、老いを実感したことはなかった。

人間の価値が本当にわかるのは、老いが来てからの生き方だと思う。

そのために何をどうするか、これからの私の人生の大きな命題である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

“「老い」との戦い” への2件の返信

  1. Gentle Grandpaさん

    還暦直前の僕も、すでにジワリと老いを感じています。
    すぐ忘れるし、新しい事をなかなか覚えられないですね。
    心は老いたくないというのは、本当にそうですね。
    僕も好奇心と挑戦をなくすことなく老いと追いかけっこしたいと思います。( ^ω^ )

    1. ヤンシーさん
      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなりすみません。
      体の老いは防ぎようがありませんが、心の老いはその人の考え一つ。
      いつまでも老けたくないですね。
      還暦前だと、まだまだお若いです。
      今のうちに、思い切り出来ることをして楽しんで下さいね。

Gentle Grandpa へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA