東京小旅行 築地すしざんまい本店

東京に着いた夜は、すしざんまい本店に行くことが慣例となっている。

この寿司屋は予約出来ないので、並んで待つことを覚悟して行ったが、すんなりカウンターに座ることが出来た。

食事時に行って、並んで待つことなく、入られるのは初めてではないだろうか。

つばめグリルも直ぐ入れたところをみると、やはりコロナのせいなのだろうか。

すしざんまいでは手当たり次第、食べることにしている。

写真を撮り忘れたものもあるが、食べたものはざっとこんな感じである。

食べ終わると、翌朝の食事をテークアウトして帰ることも慣例となっている。

いつもなら、美味しかった!満足!と言うところだが、今回は違っていた。

ネタの鮮度が悪く、味が落ちたなと感じる。

炙りトロは、こんなに薄くなくもっと大きくて、美味しかったはずである。

エンガワは、あの独特の旨みはなく、パサパサしていて、本当のエンガワではないのでは?と思わせるほどである。

ホタルイカは、鮮度が悪く、折角、旬の味を楽しむどころではない。

入店した時、あれっと思ったことであるが、店に昔のような活気が無くなっている。

昔は威勢のいい声が飛び交っていたが、今回はとても静かであった。

ネタの種類も随分少なくなっている。

おまけに品切れのネタが多い。

食べたかった白エビ、赤貝、ボタンエビ等々、メニューにあっても品切れであった。

結果的に悪いことばかり書いてしまったように思うが、嘘は書けない。

これが正直な感想である。

安くて美味しいコスパ抜群の寿司屋であったはずであるが、私の思いから少し外れてしまったようだ。

長い間、楽しませてくれた店だけに少し寂しい気もする。

最初は美味しくてコスパが良かったが、時が経つに連れ、その良さが薄れていく店は多い。

店が初めは良くても、その良さを維持することの難しさを感じる。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA