枝豆

私に取って、大豆は美味しくないが、枝豆は美味しい。

特に塩茹でした枝豆は格別に美味しい。

同じ種類なのに、どうして好き嫌いがわかれるのだろうか。

枝豆の季節が始まり、終わる頃まで、毎日と言ってよいほど、塩ゆでした枝豆を食べる。

この習慣は、40年以上続いているが、飽きることがない。

元々、子供の頃から好きであった。

然し、就職先の東京の枝豆は少しも美味しくなかった。

場所によって味が違い、東京の枝豆は美味しくないと、当時は思っていた。

転勤で広島に戻り、食べた枝豆は昔と変わらずとても美味しかった。

その時、東京の枝豆は美味しくないのではなく、東京では広島より値段が高く、安い枝豆しか買えなかったのでそれなりの味で、普通の値段の枝豆は美味しかったのではないかと気付いた。

改めて広島の枝豆は安くて美味しいと思っていたが、9月に入って出て来るコストコの枝豆は格安でしかも美味しい。

産地は秋田。

寒い地方は枝豆の旬の時期が遅いのだろう。

広島産とは違った独特の風味があり、美味しいのである。

日本は南北に長い国であることを、有り難く思う。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

厳島神社の3女神について

古事記を始めとする神話の世界の話は面白い。

厳島神社を調べていて、宗像大社の祭神も同じ3女神で、建てられた時期もほぼ同じ時期のようなので、どうしてこのようなことが言えるのか、納得が行かず、もう少し詳しく調べてみた。

その結果、間違っている個所はあるかも知れないが、以下のようなことがわかった。

厳島神社の祭神は

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)

のいわゆる3女神である。

神話によるとこの3女神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)の剣を噛み砕き、息を吹きかけて生まれた3柱の神である。(神話の詳細な内容は省略する)

何故同じ3女神が、同じ神社の祭神となっているのか、宗像神社と厳島神社の言い分は異なっている。

宗像大社の社伝によると、宗像に3女神が降りて来て、宗像に社殿を建てたことが始まりで、3女神のうち、どの神かわからないが、1柱の神が広島に降り、厳島神社を建てたとある。

根拠の一つとして、日本書紀に、天照大神から宗像三女神へ「歴代天皇をお助けすれば、歴代天皇が祀るでしょう」という記述が残されている点にある。

また沖ノ島から出土した約八万点の国宝から国家祭祀(天皇の遣い、勅使(ちょくし)が現地に赴いて、祭りをすること)の痕跡があることが確証の一つとなっている。

厳島神社の社伝によると、瀬戸田に降りた3女神の鎮座する候補地選びを佐伯鞍職(さえきのくらもと)に神勅が下り、3女神と共に島の浦々を巡り、現在地を選んで御社殿を建てたとある。

その時期は推古天皇御即位の年(593年)であると伝えられている。

厳島神社と宗像大社の社伝を見ると、宗像大社の方に部がありそうだが、お互いがお互いの言い分を主張し合って決着はついていないようである。

神話の世界のことなので、真偽のほどはわからないのは当然であるが、私が面白いと感じたのは、ほぼ同時期に同じ神が2個所に降りているという点である。

広島と福岡と離れた場所で、当時は歩く以外移動手段がなく、ネットワークもないので情報も共有出来ない。

それでも、同じ言い伝えがあるのには、何かがあるのだろうと思うのである。

だから神話の世界は面白い。

ちなみに神社につく国家予算の額は、圧倒的に宗像大社の方が多いらしい。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

道の駅ソレーネ周南でゲットした夕飯のおかず

ソレーネ周南に行く一番の目的は魚を買いに行くことだ。

朝捕れの新鮮な近海物の魚が手に入る。

ただ朝早く行かなければ、めぼしい魚は売り切れになってしまうので、朝出かける前に電話し、お勧めの魚を頼み、取っておいてもらうようにしている。

出かけた日は、あいにく朝捕れの魚がなく、行くことをためらったが、前の日のハモの湯引きがあるとのこと。

ハモの湯引きに目のない私は、それにつられてソレーネ周南へ出かけた。

魚コーナーの板長は、うちの魚は新鮮なので、ハモの湯引きも昨日でも今日でも味は変わらないと言う。

変な魚は絶対に仕入れない、自分が納得した魚だけ仕入れるのだと、自信たっぷり。

その頑固一徹さが、私は好きなのだ。

予約しておいた2パック分を買った。

食べると板長が自慢するだけあって、柔らかいふっくらした身は甘みがあり、美味しい。
スーパーでは絶対に買えない味である。

現在の我が家では、体調が優れない妻のために、3度の食事のうち、少なくとも1/3は外食か、テークアウトするようにしている。

ソレーネ周南では、食べ損ねた三色丼を売っている寿司屋で、ハモ以外の夕飯のおかずを調達した。

タコ天

これがメチャクチャ美味しかった。

ホタテの南蛮漬け

初めて食べるホタテの南蛮漬けであったが、意外と美味しかったが、酢の味はもう少し何とかしてほしいところである。

生のホタテと火を通したホタテがあり、火を通したホタテを買ったが、食べた感想では、生の方が美味しいだろうと感じた。

これで、夕飯のメインは揃った。

後は妻が作り置きしていた煮物と、前の日に漬けた漬け物にゆがいた枝豆でささやかな夕食を取った。

朝、ソレーネ周南まで買い物に出かけ、昼の2時過ぎに帰宅し、ゆっくりお茶して、それから昼寝をし、起きて、海外ドラマを観ながら夕食。

そしてお風呂に入って就寝。

まさに高齢者の生活である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

テレビキャンセラー

運転に支障を来たすという理由で、車の走行中テレビ画面を映さない仕様になって久しい。

この危険回避策は正しいと思うし、やるべきだと思う。

わかってはいるのだが、自分の意思と関係なく、強制的にテレビ画面が消されることは、心情的には許しがたいものがある。

テレビキャンセラーは、走行中でもテレビ画面を消さないための装置(チップ?)である。

画面が映っても観なければ良いだろうという屁理屈をこねて、私は車購入時、テレビキャンセラーをつけた。

昔は車の構造がシンプルだったので、配線を外すだけで良かったようであるが、然し最近の車は電化が進み、そう簡単には行かない。

ほとんどの機能が、組み込まれたチップとソフトで作動する。

当然、テレビ画面制御もソフトが行っているので、テレビキャンセラーなる装置が必要なのである。

車を購入して5年経つが、ここ半年、車のバックモニターが時々誤動作するようになった。

車をバックさせる時、バックモニター画面に切り替わらない、または逆にギアをドライブに入れても、バックモニター画面から切り替わらないというトラブルである。

慣れると、車をバックさせる時、バックモニターがないと恐くてたまらない。

特にスーパーの駐車場でバック駐車させる時、平気で車の後を横切る人がいるので、とても恐いのである。

ディーラーに持って行き、誤動作の原因を調べてもらった。

然し、異常を示すログは残っておらず、原因が特定出来なかった。

テレビキャンセラーが悪さをしているのではないかといういうことしか言えなかったようである。

私が推測するに、車本体の画面を制御するソフトと、テレビキャンセラーの制御ソフトがある条件下で、不整合を起こしている。

購入して4年以上現象が起き始めたことと、ソフトが経年劣化することはあり得ないことを考え合わせると、その間で行われたソフトのアップデートによるデグレードではないかと考えることが自然である。

ディーラーの整備の方にその旨のことを話したが、この手の類いのトラブルに対し、打つ手がない。

車のソフトはブラックボックス、故障診断ソフトもブラックボックスで、与えられたマニュアル通りの手順でしか、チェック出来ないので無理もない。

ディーラーの整備士が、とりあえずキャンセラーを外して走ってみて下さいと言うので、外して車を走らせている。

車を動かせるのもソフト、走行中のログデータを取り、故障診断するのもソフト。

両者ともソフトなので、万が一、重大なバグが潜んでいたらと思うと、とても恐い。

ソフトには絶対、バグが潜んでおり、それが目に見えないというのは辛いものがある。

そんなことを感じさせた、今回のテレビキャンセラーのトラブルである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

THE LAST SHIP

最近のテレビは面白くないので、私は夕食後の団らんの一時は、Prime Videoを観て過ごす。

昨日まで、4本の海外ドラマを並行して観ていた。

ところが、そのうちの1本である「THE LAST SHIP」が、30日で見放題終了になることがわかった。

わかったのは、11日前であるが、残りは35エピソード。

45分ドラマなので、全部見終わるには、1575分(26時間15分)必要である。

1日に(3+α)エピソードを観なければ、全エピソードを制覇出来ない。

このドラマを観だしたきっかけは、内容が世界を脅威にさらすウィルスの話で、コロナ禍とダブり、興味を持ったからである。

最初のきっかけはともかく観始めると、最後まで観たくなるのが俗人。

私は意を決して、30日までに残り35エピソードを全部観ることにした。

もちろん、その他の3本のドラマを始め映画は、そっちのけである。

努力の甲斐あって、めでたく全エピソードを観終えた。

5シーズンのドラマだったので、ウィルスの話題から、最後はコロンビアとの大戦争にまで発展し、終結を向かえた。

放映期間の長い海外ドラマにありがちな話がどんどん大きくなり、収まりがつきそうにないギリギリのところで、終わった感があるが、結構面白いドラマであった。

このドラマを観始めたもう一つのきっかけは、結構わかりやすい英語だったので、英語表現を確認しながら観ることが出来たことである。

然し、残りの11日間は字幕に終始し、英語そっちのけであった。

まだまだ未熟者な愚か者。

昼間はやりたいことをやり、それからドラマを夜遅くまで観たので、寝不足が続くというバカなことをやってしまった。

まぁ、バカなことが出来るうちは、まだまだ若いのだと自己嫌悪に陥りがちの自分を慰めている。

11日ぶりに、日常の生活に戻った今日である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

「looking forward to」と「 dreading」の違い

英会話を習い始めて、5ヶ月目に入った。

最初は他のことにかまけて行く頻度が少なかったが、最近やっとペースがつかめて来て、週1回、通っている。

これまで、予習・復習を全くしなかったが、前回、一緒に受講した方が、必ず復習をしていると聞いた。

彼は、昨年秋レベル6でスタートしたが、3ヶ月前、昇級試験を受け、レベル7に上がったとのこと。

半年でレベルが一つ上がったのである。

まずいな。

レベル7からスタートした私が何もせず、レベルを上げることが出来ないうちに、彼に抜かれることは私のプライドが許さない。

そう思うと、少しでも復習しようと思うに至った。

勉強嫌いの私は、学生時代から復習という習慣が全くなかったが、一念発起、復習をしようと決めた。

然し、どうやって復習の動機付けを行うか?

色々考えた末、一部だけでもブログに書けば良さそうだと思いついた。

前回習った「looking forward to」と「 dreading」の違いは、一言で言えば、「looking forward to」はposithive、「dreading」はnegathive。

Practice

business meething in Londonに対するposithive表現

I’m looking forwarad to meeting the sales team.

negathive表現

I’m dreading early morning train ride.

このように、一部でもメモを書いておくだけでも違う。

特に発音するだけでなく、英語を書くという行為は大きな効果があると感じる。

習っている英語の単語や文法は、易しいものばかり。

然し、実際の会話中では、とっさに出て来ない。

逆に耳にしてもピンと来ない。

対応策は反復しかないと思い始めた。

TOEICの点数を目標にしても仕方ない。

目標は、やはり

きれいな英語で歌が歌えること

字幕無しで海外の映画・ドラマを見ることが出来るようになること

宮島で欧米人相手に簡単なガイドが出来るようになること

の3つだ。

今までいい加減な姿勢で英会話レッスンに臨んでいたが、今回は真剣に取り組もうと思うこの頃である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

丁寧な説明が必要な国民葬ってあり得るのか?

安倍元首相銃撃事件は日本国民にとって、悲しい痛ましい事件である。

断じて許される事件ではない。

然し、その阿倍元首相の国民葬が行われると聞き、少々驚いた。

私は阿倍元首相について、何の偏見も持っていないが、記憶に残るような功績も思いつかない。

それ故、何故国民葬とするのか根拠がわからない。

強いて挙げれるとすれば、首相として最長不倒記録を記録したということくらいだろうか。

野球や相撲では、連続出場記録等は一つの勲章になっている。

然し、首相は長く務めれば良いというものではないだろう。

国民葬にする根拠をどう政府が説明するのだろうかと、ニュース等に注目していたが、納得の行く説明を聞くことは出来なかった。

むしろ説明を避けている感さえある。

そして、国民葬にすることに対し、「国民に丁寧に説明し、納得してもらう」という発言は度々聞いている。

とても違和感を覚える納得のいかない表現である。

国民葬とは国民がその栄誉を称え、心から望んで行なわれるべきものだと思うので、丁寧な理由説明を必要とする類いのものではないと思う。

ましてや、「納得してもらう」と言う表現は、反対意見も多いということを自ら認めた発言ではないだろうか。

私はむやみに国民葬に反対しているわけではなく、納得の行く理由を示して欲しいだけである。

その理由を示すことが出来ない国民葬ってあり得ない。

結局は「国民に丁寧に説明し、納得してもらう」という行為はなく、なし崩しに行うのではないだろうか。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

ワクチンを接種して、本当に大丈夫なのだろうか?

4回目のワクチン接種券が届いた。

コロナに感染する確率及び感染した時の症状の重さ、後遺症の有無とワクチンの副反応を天秤にかけていたが、インパクトのある第7波が来たことで、否応なしにワクチン接種を受けることにした。

接種するワクチンは、副作用がひどいという風評だけでモデルナを避け、何が何でもファイザーをかかりつけ医に予約しようとしたが、モデルナしかないという返事であった。

どうもファイザーは市中に出回っておらず、ほとんどがモデルナらしい。

そのことを聞いて、躍起になってファイザーを接種するクリニックを探し、やっとファイザー接種の予約にこぎ着けた。

接種日は、もう少し先であるが、どうも何かに振り回されている感が拭えない。

ワクチン接種も今度で4回目であるが、既にオミクロン対応のワクチンが秋に出て来る予定で、またそれを接種する必要があるということも聞いている。

それなら、オミクロン対応のワクチンが出るまで待てば良いと思うのであるが、政府は4回目接種を強力に押し進めようとしている。

後、2ヶ月すれば、オミクロン対応のワクチンを接種出来るのだから、敢えて、4回目のワクチンを接種する必要性があるのだろうか。

そもそも、COVID-19について、その実体は、まだ解明出来ていないように見えるし、当然その対処法も確固たるもののように思えない。

医学や感染症に対しては、全くの素人なので、色々と解説を聞いてもさっぱりわからず、感じることは、まだよく解明出来ていないということだけである。

ワクチンは接種して本当に大丈夫なのだろうか?

それなのに、どうしてワクチン接種を奨励出来るのか?

その根拠は?

などど思っても、何もわからないので打つ手がなく、政府の勧めに従って動くしかない。
これで、得体の知れないワクチン接種も4回目。

そんなに体に入れて本当に大丈夫なのだろうか。

COVID-19に感染した知人が軽症であるにもかかわらず、1ヶ月経った今でも不定期に訪れる後遺症に悩まされている。

それを目の当たりにすると、何かに振り回されていると感じながらも、恐る恐る4回目のワクチンを接種することにした。

それにしても、テレビはどうして有益な情報を流すことなく、視聴者を恐れさせる情報ばかり流すのだろうか。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

まちの駅ADOA大野

妻がテレビで観て、一度行ってみたいというので「まちの駅ADOA大野」に出かけた。
宮島街道沿いでわかりやすい場所にあると思ったが、意外とわかりずらかった。

通常見かける道の駅のような大きな看板が道路沿いに出ていなかったからである。

運良く、迷うことなく到着。

新しい建物は気持ちがよい。

店の中は想像したより、こじんまりとしているが、魚や野菜、惣菜の類いは少ないなりに品揃いしている。

売りは新鮮な魚と聞き、期待して行ったが、その日はちょうど市場が休みで一匹ものの魚はなく、ちょっと期待外れ。

やむなく、パッケージに入ったハモの湯引きとタコの刺身を買った。

何れも近海物とのこと。

折角、出かけたので弁当も買って帰った。

ちらし寿司が美味しそうに思えたからである。

刺身の鮮度はまあまあと感じたが、市場が休みの日に行ったのだから仕方ないだろう。

ちらし寿司は昔の懐かしい味であった。

店員の方に場所がわかりづらいので、道路に大きな看板を出したらどうですかと言うと、お金がないから看板が立てられないという返事であった。

廿日市市・大野の予算では、看板を立てる費用が捻出出来ないようである。

この「まちの駅ADOA大野」の着眼点は悪くないと思う。

然し、規模が小さいことは否めない。

小さな地方自治体が単独でやるので、やむを得ないと思うが、そのうち大規模店に食われてしまうのでは無いだろうかという危惧を抱いた。

大規模が小規模を飲み込むことは、よくあることである。

小規模で生きていくためには、顧客にとって魅力ある付加価値をつけることが、今後の大きな課題になると思われる。

一自治体単独で、地方創生を図ることはそんなに簡単ではないと感じさせられた。

もっと色々な企業、自治体、団体等とアライアンスを組み戦略的な展開をすれば、可能性は広がると思うが、現実は難しいのだろう。

揃えている商品は悪くないと思えるだけに、何か惜しい!という感じがする。

とりあえず、大野を応援する意味でも、近々市場が開いている日に新鮮な魚を買いに行ってみようと思う。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

日経メディカル Onlineからのメール

メルマガ登録している日経メディカル Onlineから、メールが届いた。

『【重要】日経メディカルIDのパスワードを初期化しました』という、いかにもspamと思われる表現のSubjectである。

メールはざっくりと以下の内容である。

「海外からサイバー攻撃を受け、一部会員情報が漏洩した。対策として、サイトの停止と会員全てのパスワードを初期化したので、パスワードの再設定をお願いする。」

Subjectから、spamメールだと思ったが、それにしては少し様子が違う。

普段であれば、即破棄するところであるが、興味を持ち、ちょっと調べてみることにした。

メール発信元は日本である。

然も誘導するサイトのURLの記述がどこにも無い。

本文を詳しく読むと、確かに「フィッシングメール対策のため、本メールにはURLを記載しないようにしております。」と記述されている。

ひょとして、このメールは本物なのかも知れないと思い、日経BPのサイトに行くと、メール本文と同じ内容の不正アクセスのお知らせがあった

これは本物のメールだ。

どうして、spamメールのようなSubjectにしなければならなかったのか考えたが、内容から、こう表現するしか無かったのだろうと思った。

むしろ、通知メールを作成するにあたっては、作成者は随分時間を要しただろう。

そう感じて再びメールに目を通すと、神経をとがらせて書いているさまが伺える。

最近、巧妙なspamメールが増えた。

これがspamだという決め手が無いだけに、利用者は真偽を見極める力を身につけなければ、恐くてメールが使えなくなりそうである。

利便性とそれに伴うリスクのいたちごっこは永遠に続くようである。

参考までに届いたメールは以下のような内容である。


重要なご連絡となりますので、日経メディカル Onlineのメールマガジン等の配信を「受信しない」にしている方にもお送りしております。

日経BPの公式サイトでもお知らせを掲示しております通り、6月28日以降に海外のIPアドレスからのサイバー攻撃があり、4千件を超える会員登録情報の一部が盗まれた可能性があることが判明しました。
会員の皆様をはじめ、関係者の皆様に多大なご迷惑およびご心配をおかけする事態が続いておりますことを深くお詫び申し上げます。
これ以上の不正アクセスを阻止するため包括的な対策を講じるとともに、一刻も早く原因を究明し、再発防止策をご案内させていただきます。

■サイトの一時停止とパスワードの初期化

会員の皆様の情報を守ることを最優先に、7月3日午後に日経メディカルOnlineのサイトを一時停止し、全会員のパスワードを初期化させていただきました。

ご面倒をおかけして申し訳ありませんが、本メールをご確認いただきましたら、いつもお使いの日経メディカル Onlineのホームページから、下記の手順で直ちに会員様ご自身の「パスワード」にご変更ください(7月3日時点でご使用になっていたパスワードの使用はお控えください)。
なお、フィッシングメール対策のため、本メールにはURLを記載しないようにしております。
※パスワードの初期化は、下記の日経メディカル利用規約の第17条1項(12)に則った措置になります。

パスワードの再設定をしていただいた後は、これまで通り、日経メディカル Onlineのサービスをご利用いただけます。

■パスワードポリシーの変更

今回のパスワード初期化に併せて、アカウントのセキュリティ強化を目的に、新たなパスワードポリシーを設定いたしました。初期化前に比べて、パスワードに使用する文字数や文字種類を増やして複雑さを高めたものとなります。

【新しいパスワードポリシー】
・半角英数10文字以上64文字以下
・英大文字、英小文字、数字をそれぞれ1文字以上含む


広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング