ある整形外科医の言葉

ヘルニアのリハビリ期間が終わった。

症状が改善されなくても、保険の効くリハビリ期間は最大5ヶ月間と決まっている。

健康保険料を抑えるため、政府が決めた根拠無き施策の一つだろう。

私も症状が改善されないまま、5ヶ月経ったので、リハビリ終了となった。

リハビリ最後の日、医師の診察があった。

「どうですか、調子は?」と訊かれたので、正直に「症状は改善されず、足の痺れもそのままです。」と答えた。

医師は、「良くなった」という返事を期待していたのだろうか。

私の返事にむっとした表情で、「足の痺れは治らないと言ったでしょう。今日でリハビリはお終いなので、後は家庭でリハビリに励んで下さい。」と言った。

私はこれが医師が言う言葉なのだろうかと疑問に思った。

症状が改善されていないと言っているのに、「これから家庭でリハビリに励んで下さい」と言われても、何をどうすれば良いのかわからない。

今後、どうすれば良いか訊こうか思ったが、医師の誠意無い対応に訊いても無駄だと思って止めた。

足の痺れが取れないことはわかっているが、「どうですか?」と訊かれたので、正直に答えただけのことである。

リハビリ最後の日に医師として、患者を思いやった言葉を言えないのであろうか。

友達の医師にこのことを話すと、「最近は丁寧な対応が出来ない医師がほとんどいないからね。」と慰めてくれた。

そして、整形外科は、1個所ではなく、複数の整形外科に行った方が良いというアドバイスをくれた。

それを聞いて、整形外科は医師の質にかなりのバラツキがあるのだろうと思った。

面白いもので、医師の態度から診断は正しかったのだろうかという不信感が募ってくる。
もし、正しい診断が出来ていなかったら、この5ヶ月、真面目に通ったのは何だったのかとも思ってしまうのである。

済んだことは仕方ない。

しばらく様子を見て、病院を変え、別の診断がなされれば、また5ヶ月のリハビリを受けることが出来るので、医師を変えれば、また何らかの症状改善が出来るかも知れないと望みを持つことにした。

それより、この5ヶ月間、通院による時間の制約は大きく、ボーカルレッスンを開始することが出来なかった。

また、英会話レッスンも思うように受講出来ず、古事記も講座に出席することが精一杯で、やりたいと思っていたことが出来なかった。

リハビリ期間を終え、また体制を建て直して、再スタートしよう。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

スポーティーで攻めるか、コンフォートでゆったり行くか?

車の半年点検をした際、ディーラーから夏の車検時、タイヤを替えた方が良いと言われた。

タイヤに亀裂が入って来ているようである。

無理もない。

今回の半年点検で、車を購入して4年半経つ。

車検時にはタイヤを替えようと思い、参考までに見積もりを取った。

見積額は、20万。

ちょっと高いなと感じていたところに、ちょうどコストコでタイヤのディスカウントセールを行っていることに気付いた。

ディスカウント対象は、YOKOHAMAとPIRELLI。

私はピレリが良いので、見積もりを取った。

見積もりをもらった時、タイヤセンターの担当者との雑談の中で、「ディーラーは高いですよ。この価格の倍はします。」と聞いた。

比較すると面白そうなので、ディーラーで同じタイヤの見積もりを取ると、見事に倍の価格であった。

タイヤのディスカウント期間が3月初旬だったので、私は迷わずコストコで買うことにした。

ところが、それから時間がかかった。

ピレリには、対象のタイヤは、「P ZERO」と「P7」の2種類あった。

「P ZERO」はスポーティー、「P7」はコンフォートと好対照の特性を持っている。

年齢を考えると、これからそんなに長く乗れないので、最後にスポーティータイヤをはいてぐいぐい行こうか。

それとも、やはり年齢を考えて、心穏やかにゆったり乗り心地を楽しもうか。

心は千々に乱れ、決まらない。

然し、そもそも4年半前、何故それまでのスポーツ仕様の車から、普通の車に買い変えたのか。

原点に戻って考えた。

自分の性格を考えると、車の性能が良いと、ついムキになって運転してしまう。

車を運転していると、必ず競い合う場面に遭遇する。

その時の無謀な運転を避けるために、スポーツ仕様の車を止めたはずである。

気持ちはスポーティーでもコンフォートにすべきである。

ということで、最終的に「P7」にした。

この歳になっても、何故スポーティーに私の心が揺れるのか。

まだ体の老いと、自分の気持ちとのバランスが取れていないからだと思う。

老いを意識するあまり老け込みたくないし、かと言って年齢不相応な行動を取るのもいかがなものかと思う。

高齢者にとって、どこで折り合いをつけるか、落としどころが難しい。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

骨なし魚の実体

小耳に挟んだ話である。

給食に使われている骨なし魚の骨は中国で抜かれており、きれいに骨を取るため、レントゲンを使っているとか。

相手が相手だけに、そうなのかと疑ってしまうが、雑学ネタなので真偽の程は明らかではない。

とは言え、火のない所に煙は立たぬと言う。

このような煙が立つことがないよう、政府は努力を怠ってはならないと思う。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

脂肪肝との戦い4ヶ月を終えて

11月から脂肪肝との戦いを始め、4ヶ月が経過した。

この期間で、かなりの成果が出たと思う。

体重は、5kg減となった。

体脂肪率、内臓脂肪とも減少した。

異常であった血液検査の結果も、肝臓及び血糖値とも正常値の範囲に戻った。

体重や体脂肪率は自分で計測出来、状態を把握していたので安心であったが、血液検査は医者で検査してもらう必要があり、数値が不安であったが、クリア出来一安心した次第である。

ほとんど食べないという極端な施策を取った最初の1ヶ月で、体重は2kg以上減となり、このやり方で効果が出ることを確信した。

然し、食べずに体重を減らすということは、体には悪く栄養失調になってはいけないので、12月からは食事の制限コントロールを緩めた。

カロリーの高いものを満足いくまで食べた時、食べる前とどう変わるか?

体重の変化は?
体脂肪率の変化は?

食べると一気に元に戻るのではないかという不安は隠せない。

意図的に2、3日、カロリーの高い肉や天ぷらをお腹いっぱい食べ、変化を調べることにした。

その結果、体重は減ることはないが、ほとんど増えることもなく、体脂肪はやや増加するものの、極端に増加することもない。

また制限コントロールを始めると、直ぐ元に戻ることがわかり、直ぐ元に戻ってしまうのではなかいとう不安を拭えることができた。

食事の制限を緩めたり、厳しくしたりと、試行錯誤を繰り返し行っているうち、自分なりにコントロール方法がわかって来るようになり、最近は、自分の意のまま、体重コントロールが出来るところまでこぎつけた。

最初のようなひもじい思いをしなくても、美味しいものを食べる時は思い切り食べ、その後は節制するという、メリハリをつけたサイクルを上手に作り実行すれば、何ら問題はないことがわかると、カロリーコントロールも難しいことではないことが実感出来た。

これらセルフコントロールに加え、水中ウォーキングを並行して行うことの効果は大きいと感じた。

今回のチャレンジで、ベストとは言えないが、ベターという成果を得ることが出来たのではないかと思う。

体の「老い」は防ぎようがないが、脂肪肝の類いは自分で制御出来ると自信を持った。

一つの体の異変は、「老い」につながる。

放っておくと、一つの異変がまた次に異変を引き起こすからである。

その異変を取り除くことで、体の「老い」を遅らせることが出来るはずである。

心の若さを保つことと、体の老いを遅らせることで、より充実した人生が過ごせると実感した。

それを実践することは、生きる姿勢の問題であることに帰結する。

何事にも、果敢にチャレンジする姿勢を持つことが全てではないだろうか。

チャレンジ精神を失わないことは、心の若さを保つことが一番であると痛感した。

攻撃は最大の防御と言うが、若い心は「老い」に対する最大の防御と言えるだろう。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

水中ウォーキングの思わぬメリット

プールを歩いていると、色々と考える。

プールではテレビもないし、情報機器もない。

何もないので、考えることしか出来ないのである。

ある日、ふっと気が付いた。

これは、良いことなのではないだろうか。

居間にいると、つけているテレビを内容に興味がなくても、漫然とダラダラ見ることが多い。

また座っていると、時間を持て余し、漠然とスマホを見ることが多い。

今の世の中、情報が溢れており、またその情報を簡単に見ることができる。

これって決して良い状態とは言えない。

自分にとって有益とも思えない情報をつい見てしまい、随分無駄な時間を潰している。

然し、プールでは、その情報に触れることができない。

私は強い人間ではないので、手元に情報機器があると、ついそちらの方に走ってしまう。
その結果、自分で考える時間が極端に減っている。

プールは必然的に巷に溢れている意味もない情報から解放される環境を提供してくれているのである。

当たり前のことではあるが、やっと、そのことに気付いた私はプールで単に歩くだけでなく、歩きながら色々と考える楽しみを覚えた。

ちょっと視点を変えるだけで、ガラリと変わるものである。

それまで退屈な水中ウォーキングであったが、今では考え事をする時間を楽しみながら歩くようになった。

50分程度歩くことにしているが、それまで長い時間をかけて歩いているように感じていたが、今ではあっという間に時間が経つようになったのである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

水中ウオーキング

椎間板ヘルニアと脂肪肝。

いずれも有り難くない症状である。

この両者の対策を色々考えたが、水中ウォーキングがもっとも効果的であると思った。

脂肪肝退治は、とにかく低カロリーに抑えることが一番である。

低カロリーを実現するには、食事によるカロリーコントロールが効果的であるが、度が過ぎると、却って体には良くない。

下手をすると栄養失調になり、脳に巣が入る。

健康的にコントロールするには、カロリーを消費する運動を平行して行う必要がある。

軽い運動としては、ウォーキングが良いようであるが、椎間板ヘルニアなので、ウォーキングも腰に響くので良くないらしい。

椎間板ヘルニアと脂肪肝という二つの障害を考えた時、もっとも効果的なのは水中ウォーキングだろうと思った。

そこで、11月からジム通いを開始した。

以前もジムに通っていたが、今回は水中ウォーキング的を絞ってのジム再開である。

ジムのエクササイズメニューに水中ウォーキングがあったが、見学しているとたいしたことをしていない。

エクササイズは有料なので、受けるのが馬鹿らしく、自分でYouTubeを検索し、参考になりそうな動画を基に試行錯誤の水中ウォーキングを開始した。

試行錯誤の結果、自分なりに得た水中ウォーキング方法は、無理をせず、ゆっくりマイペースで歩くこと。

前歩きだけでなく、横歩き、後ろ歩きの三つを行うこと。

水中ウォーキングの紹介動画では、早く大股で力強く歩けとか、腕を大きく振りながら歩けといった主旨の動画が多いが、無理して力を入れて歩くと、却って関節を痛めるようだ。

実際、最初、張り切って歩いていた時、膝の関節が痛くなったり、腕を振りすぎて首筋が痛くなったりした。

本当か嘘か知らないが、水の中なので、冷えた体を温めるため、体の脂肪を燃焼させるそうだ。

そして、3ヶ月経った時、必ず体がシャープになるという効果が現れるらしい。

それを信じて、週5回、ジム通いをしている。

話はそれるが、水中ウォーキングの前と後では、最低、500gは体重が減っている。

このことは、私に取って大きな励みとなっている。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

脂肪肝退治

かかりつけ医でCTを撮ってもらった時、ついでにと内臓を撮ってくれた。

その結果、脂肪肝と面白くないことを言われた。

見せてもらったCTの画像には、確かに一部白くなった肝臓が写っている。

原因は明らかにコロナのインパクトによるカロリーオーバー。

外出もせず、「食べては寝」を繰り返していたので、当然の結果である。

一緒に血液検査もしてもらった。

結果は、肝臓、血糖値、どれもいずれもアウト。

これは、コロナのせいでも、老いのせいでも無い。

全て、自己管理が出来ていない自分のせいである。

然し、判明した時こそチャンス。

老いではないので、何とかなる。

絶対に脂肪肝を克服してやると心に誓う。

まずは徹底したカロリーコントロールから開始。

それまで、取っていた間食を止め、ご飯の量を半分に減らした。

肉を止め、天ぷらを止め、魚と野菜中心で、甘いものを控え、塩をほとんど使わず、薄味にした。

極端なやり方であるが、やるからには徹底して、1ヶ月限定で実施し、その成果を評価し、次に実施することを考えることにした。

11月から始めて1ヶ月、1日中、ひもじい思いをしたが、体重、体脂肪、内脂肪、いずれも落とすことが出来、自分なりに成果が出たと手応えを感じた。

人間は何かをやる時、成功体験をすることが成功する秘訣である。

1ヶ月の体験で何となく、コツもつかんだと思うので、12月からは、極端な対策は止め、制限を緩めつつ、脂肪肝退治を続けている。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

足の痺れ

従来の腰痛に加え、足が痺れるようになった。

そんなに違和感のある痺れではないが、座っていると足がじんじんして来る。

歩きく時、痺れのせいか、足下が少しおぼつかない。

ちょっと気持ち悪いので、かかりつけ医でCTを撮ってもらった。

診断は椎間板ヘルニア。

脊柱管狭窄症と診断されて、10年以上経つので、少し悪化して神経にさわるようになったのである。

原因は加齢のよるもの。

治すには手術しかないが、いったん神経を損傷すると、痛みは取れても痺れは取れないらしい。

医者は手術をするかしないかは本人の考えた方一つであると言うが、そんな哲学めいたことを言われても困る。

幸い、私の症状では、まだ手術するほどではないようなので、今のうちにとにかくストレッチで周りの筋肉を鍛えることに専念する。

これも「老い」対策の一つだろう。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

「老い」との戦い

人間は必ず老いる。

避けて通ることの出来ない宿命である。

歳を取るごとに老いは忍び寄っているが、そのことを明確に意識するようになるのは、70歳を過ぎてからのように思う。

徐々に出来ていたことが出来なくなったり、疲れやすく、またその疲れが残るようになる。

私の場合、「老い」を強く意識し始めたのは、最近、狭窄症が高じて椎間板ヘルニアと診断されたことである。

主な症状は腰痛と足の痺れである。

足が痺れるので、歩く時、動きが不安定になり、早く歩けないし、階段を下りるのが恐い。

加齢によるものなので、対処療法はない。

幸い、まだ手術をするほどではないが、いずれかは、手術が必要になる時が来るだろう。
あるいは、手術が必要となる前に、「死」が訪れるかも知れない。

どちらが先に来るか、「神のみぞ知る」である。

この現実だけは、甘んじて受け入れなければならない。

問題は、そのうえでどう過ごして行くがである。

「体」は老いても、「心」は老いたくない。

これからの人生で、もっとも大切なことは、若い心を保ち続けることである。

人間は必ず老いると頭ではわかっていたが、これまで、老いを実感したことはなかった。

人間の価値が本当にわかるのは、老いが来てからの生き方だと思う。

そのために何をどうするか、これからの私の人生の大きな命題である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

とりあえず無事ブログ投稿

マニュアルを見るのが面倒なので、試行錯誤で何とかWordPressでのブログを立ち上げることが出来たが、まだまだ不完全で装着された機能はほとんど理解出来ていない。

これから、使っていくことにより、徐々に使える機能が増えてくると信じたい。

然し、WordPressごときに振り回されるとは元ソフトウェア開発技術者としては、情けない限りである。

もっとも、元ソフトウェア開発技術者と言っても、入社4年目からリーダーになってからは、市場リサーチ、システム設計と客先との技術折衝がメインで、プログラミングをすることがなくなった。

そして、30代半ばで管理職となってからは、技術的な仕事からも遠ざかり、部門及びプロジェクト管理、仕事を取ってくる技術営業?が主体となった。

振り返ってみれば、他に人間に比べ、プログラミングをした期間がかなり短い。

上司は私のプログラミング能力が低いことを見抜き、早々に私をプログラミングから遠ざけてしまったのではないかと思う。

然もメインフレームのOS開発担当だったので、パソコンに関しては1ユーザーにしか過ぎない。

周りの人は、ソフトウェア開発に携わっているというだけで、パソコンのプロと大きな誤解をしている。

素人でも、パソコンのヘビーユーザーの方が、私よりはるかにパソコンを使いこなしている。

人は見かけによらないというのは、まさにこのことである。

と言うわけで、WordPressの素人として、ブログを掲載して行きたいと思う。

それにしても、予想通り、文章能力が落ちている。

ある意味ブログは、ボケ防止対策の良いツールであると実感している。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング