まごころ弁当

ご近所の方から、手作りの弁当を頂いた。

この方は民生委員をされており、定期的に、弁当を作って、担当している人のところに持って行かれる、心優しい方である。

その弁当のお裾分けをして頂いたのである。

何の見返りを求めることもなく、他人のために忙しく動かれている様子を見るにつけ、頭の下がる思いである。

今まで、幾度か弁当を頂いたが、私はこの弁当を「まごころ弁当」と呼んでいる。

料理の腕前が良い上に、人間愛に満ちあふれた、この弁当はとても美味しい。

かなりの人が弁当を食べる度に、幸せな気持ちに浸っていることだろう。

私はこの方の姿勢をみて、元々はやりたくなかった町内会の役員を引き受けることにした。

役員は輪番制で、誰もやりたがらないので、いつもこの方が嫌な役を引き受け、忙しく飛び回っている姿を見て、少しでも手助け出来たらと考えたからである。

役員を担当してたいした事も出来ていないが、それでも、その方からは感謝されている。
代わりに役員になった私より、そのことを感謝する方の方が、人間として上だと感じる。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング


車のクラクションで思うこと

買い物に行った折、駐車場が混んでいたが、ちょうど2台分の駐車スペースが空いていたので、そこに車を駐めようとした。

然し、その2台分のスペースにまたがって3人の女性が、おしゃべりしている。

私が車を駐めようとしていることに気付いても、そのまま移動することなく、おしゃべりを続けている。

しばらく様子を見ていたが、移動する気配が全くない。

我慢出来ず、周りに他の人がいないこともあり、クラクションを鳴らした。

車から降りて、スペースを空けてくれというのも変だと思ったからである。

ところが、クラクションを鳴らした私が悪いかのごとく、3人が私の方をみて、何かささやきながら、やっとスペースを空けた。

私の立場からすると、車を駐める目的の駐車スペースを占有して話し込むこと自体が非常識であるし、ましてや車が来ても話を止めず、移動しないというのも非常識だと思う。

逆に、3人の女性が駐車スペースで話し込むことが迷惑なことではないと思う人達であれば、クラクションを鳴らす私を非常識な人間と思うのだろう。

人によって道徳観や価値観がことなり、それに伴い、判断基準が異なる。

普遍的と思っていた道徳観が通用しない人種が増えて来た。

恐いことである。

正しい行動を取っていれば、大丈夫という時代ではなくなっている。

取った行動が正しくても、「正しい」ということが通用しない人が増えて来ているので、理不尽な攻撃を受けることもあり得る。

自分が正しいと思っても、絶対に喧嘩や口論は避けるべきである。

相手がどう出るかわからないからである。

今回、クラクションを鳴らして一言言いたかったが、止めておいた。

相手にしなければよいだけのことである。

この歳になってやっと、悟った感じである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

プレミアホテル門司港

先週、全国旅行支援割りを利用して門司へ旅行してきた。

門司港レトロの中心にあるプレミアホテル門司港は私のお気に入り。

九州方面に旅行することは多くても、門司はスルーしてしまう。

ところが、コロナ禍で近場旅行をした時、車で行っても無理のない距離にある門司に目がとまった。

その時、泊まったホテルがプレミアホテル門司港で、それ以来お気に入りである。

部屋の真ん前が関門海峡であるこのホテル、価格は高くないが、質感は高いと思う。

名前は忘れたが、イタリアの著名な建築家のデザインが良いのだろう。

概観

お気に入りの部屋はプレミア海峡デラックスツインルーム

木がふんだんに使われている部屋は、何気なくオシャレ

アメニティも充実(ロクシタンは一休からのプレゼント)

ガラス張りの清潔感溢れるバスルーム

私に嬉しい5倍鏡

部屋から眺める関門海峡大橋

ちなみにこのホテルのビュッフェスタイルの朝食は美味しい。

ホテルピエナ神戸の朝食に匹敵する美味しさである。

料理の写真を載せたいところであるが、私のお皿の上はほとんど茶色なので載せられない。

門司港レトロの雰囲気を楽しみに、年に一度くらいは来ても良さそうである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

ジムに通い始めて1年

医者から脂肪肝を指摘され、体重を落とせと言われ、一念発起、ジム通いを始めて1年になる。

ジム通いと言っても、脊柱管狭窄症のため腰痛と足の痺れで、筋トレが出来ず、やるのはプールでの水中ウォーキングのみ。

水中ウォーキングが、足腰に負担がかからない最良のトレーニングだと聞き、始めた。

名前を忘れたが、YouTubeで医者が「ゆっくりマイペースで歩けば良い。3ヶ月すると体全体がスッキリします。」という言葉を信じてのことである。

1年経った成果であるが、体重が7kg減った。

最初の1ヶ月、食事制限も並行して行い、体重が落とせたという成功体験を励みに1年間、水中ウォーキング通いをした。

その結果が、体重:7kg減というわけである。

もちろん体重減に伴って、体脂肪率及び内脂肪も減った。

中性脂肪や肝臓といった血液検査結果も正常値に戻って以来、その状態を保っている。

「3ヶ月経てば体がスッキリする」と言ったYouTubeで医者の言葉は当たっていて、本当に体全体がスッキリして来た。

最も効果を実感するのは、太っていた時のズボンのウエストがブカブカで大きくなり過ぎ、はけなくなったことである。

お陰で、夏のパンツ2本が、新品のままはけなくなった。

但し、良いことずくめではない。

負の効果も出ている。

頬がこけてしまったことである。

いくら健康的に痩せても、頬だけはどうしようもないことがわかった。

年を取ってのことだけに、これは少し悲しいことである。

いずれにせよ、目的意識を持って、事に臨めば、目標を達成すること出来ることを実感出来た意義は大きい。

ただ残念ながら、お腹周りの脂肪は簡単に落ちないようで、目標に到達するまでには、まだまだ時間はかかりそうであるが、これからは気長に健康維持を継続するつもりである。

やる気になれば、出来るのである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

遂に後期高齢者に

昨日で、遂に後期高齢者になってしまった。

後期高齢者になったからといって、特に大きな変化はないと思っていたが、年金機構に加入していた健康保険の資格を無理矢理、剥奪され、後期高齢者医療被保険証という国民健康保険に切り替えられた。

私が剥奪されたことで、配偶者である妻も、無理矢理、年金機構に資格喪失届を出さなければならなかった。

75歳になったからといって本人に意思確認することなく、勝手に資格を剥奪するのは理に合わない。

それまでは、年金機構の保険の加入するよう懸命に働きかけていたのに、急に手のひらを返した形である。

このような不条理な出来事に追い打ちをかけるように、負担が2割負担のままであった。

それまで、後期高齢者は1割負担で済み、医療費は今までの半分で済むと密かにほくそ笑んでいたが、10月から制度が変わり、2割負担となってしまったようだ。

結局、後期高齢者のレッテルを貼られるだけで、何も良いことはないようである。

少子高齢化が進み、昔と比べ、高齢者への配慮をする余裕のない社会になって来たようである。

今年の冬は寒い北風が身にしみることだろう。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

貫路のテークアウト弁当

料理屋のテークアウト弁当で、もっとも気に入っているのが、貫路のテークアウト弁当である。

料理屋の弁当らしい弁当である。

普段は作らないが、コロナ対応で、店を閉めている間、テークアウト弁当を作っていた。

店を閉めると言うことは、大変なことだったのだろう。

テークアウト弁当を取りに行くたび、「ありがとうございます」と心からの謝意を表してくれていた。

意気に感じる大将である。

美味しいのはもちろん、私もそれに呼応して、少しでも助けになればと弁当を頼んでいた。

その時以来のお付き合いである。

コロナが一段落し、通常営業に戻っても、頼めば、余程忙しくない限り、無理してでも作ってくれる。

今月は、3回テークアウトした。

1回目の弁当

2回目の弁当

3回目の弁当

写真ではわかりにくいと思うが、全く同じ内容ではなく、都度、できる限り、変える工夫をしてくれているのが嬉しい。

メインは最初が鮎、2回目がキノコをサンマでまいた料理と鶏の唐揚げ、3回目もサンマと鶏の唐揚げであるが、ご飯が鰺の巻き寿司。

そして、この時期、美味しいのが栗の天ぷらである。

甘い味付けで、ほのかに良い香りがするのは天ぷら油の香りだと思う。

何の油かわからないが、普通のサラダ油やごま油ではなさそうだ。

取りに行くたび、必ず、「同じようなものばかりで済みません」と言う奥ゆかしさ。

私がこの店を気に入っているもう一つの理由は、料理屋の基本姿勢を保っているからである。

弁当の器にプラ容器は使わない。

それなりの容器に料理を盛り、きちんと店の名前入りの紙でくるんでいる。

それを店の名前入りの紙袋に入れてくれる。

料理屋の弁当は美味しいだけではダメだと思う。

客に手渡す時、しつらえを揃え、渡すことで、初めて美味しい弁当と言えるのではないだろうか。

私のつまらないこだわりに過ぎないが、安い弁当でも、その姿勢を崩さない大将だからこそ、弁当を頼むし、店に食べにも行っている。

それに比べ、コロナでテークアウト弁当を始めた料理屋は多いが、多くはケバケバしいプラ容器を輪ゴムで止め、白いビニール袋に入れている。

このような料理屋は、私の食に対する価値感に反している。

もちろん、そういう料理屋には二度と近寄らない。

食は味だけではないことを痛感するのである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

疑問に感じる「ワクチン3回接種済証明」

全国旅行支援割りが始まった。

支援割りを使える条件として、ワクチン3回接種済証明または陰性証明の提示が必要である。

陰性検査証明が必要な理由は理解出来るが、ワクチン3回接種済証明が必要であることの理解に苦しむ。

オミクロンワクチン出来るまで、政府は4回目のワクチンクチン接種を推奨(と言うより強要)していた。

このことは、3回接種では安全ではないため、4回接種を強要していると考えるのが自然である。

それにもかかわらず、ワクチン3回接種済証明を旅行の通行手形にしている。

完全とは言えないものに対し、大丈夫というお墨付きを与えているのである。

何かおかしくないだろうか?

とは言え、実際には、コロナ禍で観光業界を活性化させるためには、何らかの線引きが必要で、それが3回接種証明であることは一つの対応策である。

一般的には、妥当な対応策だと思えるが、そう思えないのは何故だろうか?

今までの政府のコロナに対する施策が場当たり的で、その結果、国民が右往左往している。

要は、政府が打つ手を信用していないので、打つ手打つ手に疑問を感じるのである。

そうは言いながら、節操のない私は、ワクチン接種3回接種証明を使って全国旅行支援割りを活用しようとしている。

情けないことに、私自身もポリシーのない人間と言える。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

「Take Five」の意味

「Take Five」と言えば、多くの方が、ジャズの名曲であるデイヴ・ブルーベック・カルテットの「Take Five」が頭に浮かぶだろう。

「Take Five」の名前の由来は、四分の五拍子という特徴的な曲であることから、「五拍子で」という意味であると言われている。

然し、歌詞は、「ちょっと時間を取って」という内容になっている。

Won’t you stop and take a little time out with me.

Just take five,just take five.

「little time」だから、恐らく「5分だけ時間を取って」となるのだろう。

ジャズの「Take Five」が余りに有名なので、「Take Five」と言われるとついジャズのことを思いがちであるが、通常は、5分休憩するという意味で、正確に言うと、「Take a five-minute break」である。

ちなみに、よく使われる表現に「high five」がある。

日本では、「ハイタッチ」と言うが、これは和製英語である。

同じ「five」でも、日本では、拍子や時間、指の本数と単位が必要である。

「five」一つを取っても、日本との文化の違いが出ており、なるほどと思うのである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

中華キッチン彩家 栗入り和風チャーハン弁当

中華キッチン彩家はコロナ禍には無縁の人気中華店である。

従って予約が取りづらいこともしばしばある。

その彩家にLINE登録していると、とても便利である。

時々、テークアウト弁当の紹介が来るが、気に入った弁当を予約して取りに行けば、店が混んでいようがいまいが関係なく、美味しい弁当をゲット出来るからである。

先日、栗入り和風チャーハン弁当をテークアウトした。

osoraku

近くで取れた栗だろう。

素朴な味の大きな栗がゴロゴロ入っている。

何と言っても、自然で取れた栗が一番美味しい。

和風というだけあって、普通のチャーハンよりさっぱり味である。

恐らく取れたてと思われる野菜の天ぷらも美味しい。

この店を見ていると、どんな状況下でも流行る店は流行るということである。

さて、次は、どんな弁当の案内が来るのだろうか?

楽しみである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

全国旅行支援割り

10月11日から全国旅行支援割りが始まった。

大盛況のようで、13日で京都は予算枠を使い切ったのか、予約サイトで支援割りが効かなくなった。

凄まじい勢いである。

皆、手ぐすねを引いて待っているところへ、マスコミが安い安いと煽るので、余計加速されているようだ。

私もご多分に漏れず、手ぐすね引いて待っていた一人である。

然し、運が良いことに取りたいホテルを全て取ることが出来た。

旅行支援割りを始めるというアナウンスがあった時点で予約していて、支援割りが始まった時、私が使っている一休は、取り直す必要なく、支援割りが適用出来たからである。

テレビでは、予約直前に便乗値上げをするホテルがあると騒いでいるが、そういう施設も一部あるかも知れないが、多くの施設はベストレート保証で日々料金は変わる料金体系を取っているので、実際には便乗値上げは少ないと思われる。

需要と供給の関係で需要が大きく上回れば、当然料金は上がるからである。

予約サイトを見ていると、日に日に売る商品が少なくなっていることが手に取るようにわかる。

今日現在、私が予約したホテルは少なくとも、12/20まで全て満室となってしまった。

今回予約していて、気になったことがある。

一休でホテルを予約した時、私が取ったホテルは、ホテル単位に支援割り対象と表示され、予約時、支援割り適用機能があり、簡単に支援割り適用価格が出来た。

ところが、広島県だけは、ホテル単位での支援割り適用という表示はなく、予約しようとしても支援割り適用機能がない。

一見、全国旅行支援割り対象となっていないように見える。

よくよく調べると、広島県だけ、広島じゃ割プランと表示されているプランのみ対象となっているようである。

自治体で、システムが異なっているので旅行業者が面食らっているというニュースをみたが、広島県は極端にシステムが異なっているようである。

広島じゃ割の公式サイトからは予約出来るので、広島じゃ割を誇示しようとしているようにみえる。

もしそうだとしたら、下手な細工をすることで、他県に遅れを取らなければ良いと思う。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング