孫の小学校入学

今更ながらの話題であるが、今春から、隣に住んでいる孫が小学校に入学した。

それまで一人で出かけてことがなく、息子達の心配ぶりはただごとではなかったが、幸い、近所に1学年上の子供が2人おり、一緒に登校してもらうことになった。

それでも心配なのか、毎朝、息子夫婦は一緒について登校していた。

私の妻も毎朝、見送りに出る有り様。

近所の子供のご両親も総出で、朝からなんとも賑やかなこと。

この光景を目の当たりにし、世の中変わったとつくづく思う。

何もここまでしなくてもと思うのであるが、関係者の中で私一人が何もしないでいると、面白いもので私が一種の罪悪感を感じてしまう。

そこで、孫が出かけたあと、孫が歩く道を反対方向から歩き、孫と出会ったところで、「おはよう」と声をかけてハイタッチ。

孫は、私が毎朝ウォーキングをしていて、偶然会うと思っている様子。

これが1ヶ月続いたが、さすがに馬鹿らしくなって、止めた。

3ヶ月以上経った今では、過熱していた孫のお見送りも少しは落ち着いて来ているが、こんなこと馬鹿らしいと思いながらも、これも日常のささやかな幸せなのだろうかと思う孫の小学校入学であった。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

“孫の小学校入学” への4件の返信

    1. 呑兵衛あなさん
      どこでもこんな感じのようですよ。
      首都圏はもっとひどいのではないかと思います。
      個人的には、こんなに過保護に育てていいのだろうかと疑問に思っています。
      やわな子供が多い要因の一つになっているのではと思うことしばしです。

  1. お久しぶりです。
    2日続けて順位アップ№1ですね。
    私が子どものころ,学校のマラソンコースが我が家の前を通っており,マラソン大会のとき家族総出で応援してくれたのですが,私はいつもビリに近い方だったので,とても恥ずかしく感じました。

    1. ふぃーゆパパさん
      コメントありがとうございます。
      お久しぶりです。
      移り気なので、ブログも書いたり、お休みしたりと困ったものです。
      今回は、しばらくは続けたいと思っています。
      恥ずかしく思われた気持ちよくわかります。
      ビリの方だったら、余計盛大な応援が待っていますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA