新宿さぼてん 季節限定メニュー「旬のアスパラ彩り御膳」

私はトンカツが大好物と言うわけでは無いが、食べたくなった時は新宿さぼてんに行く。
他のとんかつ屋でもよいのだろうが、決まって新宿サボテンである。

一番の理由は東京出張の際、立ち寄っていた思いで深い店だからだろう。

私が勤務していた会社は田町に本社を構えていたが、他にも事業場が散らばっており、その中の一つである府中市にある事業場にもよく出張していた。

午後からの会議に出席するため、朝広島空港を発って、ちょうど昼前に新宿に着くので、小田急の新宿サボテンで時間調整を兼ねて昼食を取り京王線に乗っていた。

府中事業事業へは、月2回程度は行っていたので、かなりの頻度、新宿サボテンに通っていたことになる。

悲しいことであるが、店の中では、パソコンを横に置き、ギリギリまで仕事をしていた。

今となっては懐かしい想い出であるが、それ故、新宿サボテンに行きたくなるのだろうと思う。

新宿サボテンは必ず廿日市ゆめタウン店に行く。

廿日市ゆめタウンは駐車場が広く、かつ1階の食堂街間近に行くエレベーター乗り場近辺の駐車スペースは空いていることが多く、車を駐めやすい。

また1階の食堂街が混んでいる時も新宿サボテンは空いている。

更に店内が綺麗で、トンカツ屋ではテーブルが油でベタベタしていることがよくあるが、それが全く無い。

食べるメニューは、ほとんどの場合ヒレカツであるが、今回は季節限定メニュー「旬のアスパラ彩り御膳」にした。

アスパラ巻きかつ、大海老フライ、ひとくちヒレかつのメニューで、くどくなく美味しそうに思えたからである。

実際、思った通り、さっぱりと胃にもたれることも無く、美味しく頂けた。

もう一つ忘れていたが、新宿サボテンのゆずドレッシングが私の口にピッタリ合っている。

ノンオイルのドレッシングで、ゆずと鰹風味が妙にマッチしたさっぱり味の美味しいドレッシングである。

このドレッシングを使うと、普段おかわりしないキャベツを3杯くらいおかわりする。

家には唐船峡の美味しいポン酢があるが、別の美味しさがあるこのゆずドレッシングは店でも売っているので、時々買って帰る。

廿日市ゆめタウンの新宿さぼてんは、私にとって、全ての条件が揃ったトンカツ屋である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

活伊勢海老料理 中納言 ハーバーランド店

神戸で敢えて活伊勢海老料理 中納言を選んだ決め手は、伊勢エビ尽くしの料理であること。

初めて行くハーバーランドなので、駐車場まで迷いながら、二度も店に場所確認の電話をして、やっとたどり着いた。

食前酒から始まり

季節の前菜

伊勢海老のサラダ、中納言風

伊勢海老の活造り

伊勢海老の甲羅揚

伊勢海老のお吸い物

ゆずシャーベット

伊勢海老の中納言焼

伊勢海老の海苔茶漬け、香の物

デザート(チーズケーキ)

コーヒーで終わり

チェーン店である中納言は、味は特に突出して美味しいわけではなく、かと言って不味くもなく、一定のレベルの無難な味であった。

もっとも、昼に美味しい貝を食べた後なので、舌がその美味しさをしっかり覚えていたせいで、そう感じたのかも知れない。

いずれにしても久しぶりに伊勢エビをたっぷり堪能でき、幸せこの上ないが、この日は高カロリー過ぎたことをちょっぴり反省。

貝の後の食事は簡単にさっぱりとうどんかソバで済ませようと思う。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

神戸小旅行 築地和光

神戸旅行の2つ目の目的は、築地和光で貝を食べること。

以前、友達に連れて来てもらい、「美味しい食」に対する価値観がひっくり返った店である。

妻にも私が味わった感動を味あわせてやりたかった。

予約した料理は、前回と同じ内容で「貝のお任せコース」にオプションの「シャラン鴨」。

その日の仕入れにより、若干貝の種類が異なる。

ハマグリ

白バイ貝

ムール貝

オキシジミ

姫サザエ

磯ツブ貝

カキ

ホタテ

白ミル貝

シャラン鴨

〆のうどん

貝は全て天然物で、調理方法は焼くだけという超シンプル。

何も手を加えない貝は、こんなに美味しいものだったのかと、驚くばかりである。

今回感じた主な点を記述する。

白バイ貝は、見たこともない大きさで、かといって大味ではなく、甘くてしっかりした味である。

ムール貝は、広島産の天然ムール貝。

広島で養殖をしていると聞いているムール貝であるが、すこすこの味のムール貝が多い。
然し、この店のムール貝は濃厚な味で甘みがあり、とても同じ貝とは思えないほどである。

磯ツブ貝のさきっこに肝があり、この肝は不思議なことに甘いウニのようである。

新鮮でなければ、絶対に食べることが出ない味だと思う。

カキは広島産の天然カキ。

私はカキの独特の匂いとぐにゃっとした食感が嫌で食べない。

然し、この店のカキはとても同じカキとは思えないほど匂いもなく、さらっとした甘みのある食感で、私の嫌いなカキの味とは思えない。

実は前回もカキが出て、その時はお付き合いで口に入れたところ、想定していた味と違って、余りにも美味しかったので、カキの味を見直した。

然しその後、食べたカキはやはり私には美味しくなかった。

最初から、このようなカキを食べていたら、今頃は大好物の一つになっていたであろう。

ホタテに黒いどろっとしたものがついているが(写真右下)、これはホタテの肝だそうである。

普段、この部分を食べることはないそうで、新鮮なホタテだから食べられるとのことで、食べると甘みがあり、美味しい。

ホタテにこんなに美味しいところがあったのかと初めて知ったのである。

「これ、複雑な味で味しい黒いソースのようだね」と大将に言うと、フレンチレストランのシェフが同じようなことを言うそうである。

オプションのシャラン鴨は、前回と同じく期待通りの美味しさである。

この鴨はビュルゴー家のシャラン鴨で、日本では偽物が多く出回り、本物はほとんど見かけることがないそうだ。

だからなのかと妙に納得する。

と言うのも、前回シャラン鴨を食べて美味しかったので、ネットで見つけたシャラン鴨を買って食べたが、普通の鴨肉の味で、感激するような美味しさはなかったからである。

仕入れたシャラン鴨が我々二人には大き過ぎ、食べきれなかった残りを包んでくれた。

〆のうどんの出汁は、焼いた時出る貝の汁と昆布で取った出汁である。

オーダーで作ったうどんと出汁との組み合わせは不思議な美味しさを出している。

店の大将に何故、料理は貝なのか?と訊いたところ、良い食材が手に入り、提供出来るからだと答える。

学生時代、アルバイトをしたお金で銀座の寿司屋を廻ったそうだ。

アルバイトではそんなお金は稼げないのでは?と訊くと、5回居酒屋に行く代わりに1回美味しい寿司を食べに行っていたそうだ。

なるほどと思う。

彼は「食」に対する哲学を持っていると感じる。

彼が最上級の食材と言ったり、能書きらしきことを言っても、なるほどとうなづき、納得が行く。

彼の揺るがぬ信念と自信は、客を唸らせる。

普段では食べられぬ美味しい貝や鴨肉を食べながら、彼の「食」に対する姿勢を垣間見、やはり、この店は普通の店とは違うと感じる。

同時に「美味しい食」とは何なのかと、考えさせられるのである。

この店は素晴らしい店である。

それにしても店の構えは、全くらしくない。

店の入り口は、どこかわけのわからい小さな会社のようで、とても食べ物屋とは思えない。

中に入ると、せんべろの店に来たのだろうかと思わせる店内である。

「食」については何も見識もない私でさえ、その奥行きの深さを感じる。

食材だけで勝負するこの店に完全に魅せらた私は、これからも性懲りも無く神戸に行くことだろう。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

魚正 上にぎり寿司

魚正の魚は活きが良い。

その活きの良いネタを使った上にぎり寿司は、当然のことながら美味しい。

然も回転寿司と料金がほとんど変わらず、味は数段上というコスパ抜群の握り寿司である。

ネタは日によって多少異なる。

今回は、タイ、ブリ、マグロ、エンガワ、サーモン、シマアジ、イクラ、ウニ。

特にシマアジはいつ食べても絶品である。

ブリトロも美味しい。

強いて言えば、ウニが若干新鮮味に欠けるが、価格を考えると上出来であると言える。

然も力寿司とまではいかないが、どでかネタで食べ甲斐がある。

魚正を知って以来、寿司健の寿司をテークアウトするのを止めた。

変な寿司顔負けの美味しいにぎり寿司は、私に取って重宝なテークアウトの店である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

道の駅たかの

「やっぱ広島じゃ割」を使って、帝釈峡観光ホテル錦彩館に宿泊したお陰で、4,000円分のクーポン券をゲットした。

GOTOトラベルの地域共通券をもらったとき、道の駅で使うのがbetterという経験則に基づき、道の駅たかのへ買い物に行った。

昼食時に道の駅たかのへ行くと、決まって、うどんとむすびを食べる。

庄原のお米のむすびがとても美味しく、うどんとの組み合わせが好きだ。

食事を終え、4,000円以上の買い出しをした。

買うものを全て妻に全て任せた結果、予想通り、買ったものは野菜のオンパレードであった。

買った野菜を使った料理の中で私の好きなもの。

タケノコご飯

ほりたてのタケノコは、柔らかくて近くのスーパーでは絶対に買えない美味しさである。

庭で採れた木の芽を添えるだけで美味しさは倍増する。

妻が貫路の弁当のように木の芽をちりばめてみたが、味は余り変わらず、ちりばめる必要はなかった。

冷たい半田めんにタケノコとゴボウの天ぷら

大好きな半田めんに出汁で煮たタケノコに木の芽を添え、ゴボウの天ぷらを加えるだけで私には十分過ぎるくらいの豪華な昼食である。

ゴボウもスーパーで買うゴボウとは、味が違う。

蕪と大根葉の浅漬け

柔らかな甘さと香りのする蕪と、少しピリッとする大根葉との浅漬けは私の大好物である。

これと炊きたてのご飯と美味しい緑茶があれば、朝飯は十分である。

写真を撮らなかったがこれ以外に、タケノコの木の芽和え、タラの芽の天ぷらを堪能した。

私は、普段タラの芽は好きな方ではないが、このタラの芽は柔らかく甘みがあり美味しく、このタラの芽なら、いくらでも食べられると感じた。

これらの料理だけで、どれだけ春を満喫出来ただろうか。

普段から野菜を買いに道の駅に行く価値は十分あると思った。

それとともに、春を感じる料理は、春野菜を使った料理が一番ではないかと感じた。

このような季節を感じながらの家庭の料理は、外食では味わえない格別のものがある。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

東京小旅行 日本橋 メザニーン

広島に帰る日、お気に入りのメザニーンでランチ。

相変わらずマイセンに囲まれたレストランは優雅である。

豚の音楽隊も健在。

大型スクリーンも健在で、2組の奥様がランチしている。

ご主人は働いている時間だなと、ついつい思ってしまう。

柑橘系のオリジナルノンアルコールカクテル

プティボア 蕗の薹 独活

パン

メカジキ イカ墨 レフォール

JAPANX 大根 バルサミコ

フランボワーズ レモンチェッロ ナッツ

デザート

蕗の薹は大嫌いであるが、それを全く感じさせない美味しいスープであった。

料理の仕方で、味はいかようにもなるということだろう。

初めて食べたJAPANXは、蔵王産のブランド豚であった。

レアっぽく仕上げた肉はとても美味しいかった。

料理の味が前回より変わっているので、シェフが変わったのだろうと思い、訊いたところ、やはり変わったということであった。

レストランの味はシェフ次第ということだろう。

今回のシェフの料理は結構思い切って春を全面に出した料理に好感が持て、味も私好みの薄味であった。

以前のシェフの味も気に入っていたが、今回、益々お気に入りとなったメザニーンであった。

食事を終え、斜め向かいの日本橋三越で、絶対外せないクラブハリエを買ったが、出来たてのクラブハリエは無く、真空包装のみの販売であった。

そもそも作る装置が無くなっている。

生のクラブハリエを食べられなくなったのは寂しい限りである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

東京小旅行 THE GRAND 47

今回の東京旅行では、お気に入りの店を廻ったが、「THE GRAND 47」は初めて訪れるレストランである。

選んだ決め手は、日本の47都道府県の食材を使うというコンセプトが面白いと思ったからである。

店名のTHE GRAND 47の47は、47都道府県を意味しているそうだ。

場所もGINZA SIXの最上階にあり、雰囲気はとても良さそうである。

またドレスコードがスマートカジュアルという、ちょっとしたおふざけ感がある設定も面白いと思った。

ネーミングからどのような食材を使っているか興味があったので、メニューを写真に撮ったので、紹介がてら料理の写真を載せたいと思う。

ノンアルコールの白ワイン

コロナの影響でノンアルコール飲料が品薄になり、このノンアルコールワインも手持ちが少ないと聞いた。

コロナの影響はこのようなところにも及んでいるようだ。

パン

丸い方のパンがメチャクチャ美味しく、私にしては珍しく追加した。

前菜
食材を聞いたが忘れた。

兵庫県産の香住カニのサラダ
そら豆のムースとトマトコンソメのジュレ

初めて食べた香住カニは、身も甘い美味しいカニであった。

一度、一杯分を思い切り食べてみたいと思った。

北海道産仔牛バラ肉プレゼとリドヴォー
春キャベツのファルシィ トリュフの香り

仔牛のバラ肉は、仔牛の顎の部位の肉で、取れる量が少なく希少価値がある肉との説明を受けたが、コリコリとした面白い食感であった。

島根県産甘鯛のポワレ
博多アスパラガスとペアルネーズソース

島根の甘鯛は、言われるまでもなく美味しかった。

特選和牛フィレ肉のポワレ
ソースアルネーズ

当日の肉は山形牛で、こちらも聞くまでもなく美味しかった。

デザート

一応、今回は先月出来なかった結婚49周年のお祝い旅行なので、プレートをつけてもらった。

このレストランを語るには、イチゴのミルフィーユがもっとも話題性があるだろう。

このイチゴのミルフィーユは、あの銀座マキシム・ド・パリのイチゴのミルフィーユを再現したミルフィーユである。

カスタードクリームは、これまで食べたカスタードクリームの中ではもっとも美味しいクリームだろうと思った。

そのカスタードクリームとイチゴの酸味にサクサクのパイ生地は本当に美味しかった。

この味はそう簡単には再現出来そうにないので、何故、再現出来たのか訊いたところ、銀座マキシム・ド・パリから調理人やパティシエが移って来ており、またマキシムの元総支配人を顧問として迎え入れているからであるという返事だった。

その返事で納得したが、それならミルフィーユ以外にコース料理の再現するのではないかという期待を持った。

THE GRAND 47はうたい文句通りの厳選された食材と手の込んだソースとの絶妙なコンビネーションに大満足であった。

もちろん、私のお気に入りリストに入ったTHE GRAND 47である。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

東京小旅行 空也のもなか

今回の東京旅行では東京でしか買えず、かつ銀座で買える老舗の和菓子を買うことにした。

一つは「空也のもなか」。

予約しておかないとまず買えないもなかであるが、事前に予約を忘れるというぼけをかましてしまった。

それでも、空也銀座本店では当日買えることもあるので、ダメ元で店に行った。

運が良いことに、予約されたもなかの箱が積み上げられている手前にわずかではあるが、当日買えるもなかが残っていた。

躊躇なく、もなかを購入。

空也のもなかの皮は、焦がしてあるようで、香ばしい独特の風味とサクッとした皮は、他のもなかでは真似が出来ない。

また餡は、あっさりとした甘すぎず上品な味である。

皮と餡のコンビネーションにより、他のもなかでは味わうことが出来ない味である。

他のもなかの追従を許さない実に美味しいもなかであると思う。

偏見だと思うが、普通のもなかは、味に柔らかさがなく、私にはくどく感じられる。

そう感じるせいで、もなかは余り好きではないが、空也のもなかだけは特別。

大好きである。

ちょっと変わった形をした小ぶりな空也のもなかは、いくらでも食べられそうで、欲張って多めに買っても良さそうである。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

東京小旅行 マリアージュフレール銀座本店

マリアージュフレール銀座店は、天ぷら阿部銀座本店から歩いて行ける距離にある。

天ぷらのあとは、マリアージュフレールでお茶をした。

いつも味見をせず、名前だけで紅茶を買っているので、当たり外れがあるし、そもそも面白みがない。

今回から、少しギャンブル性を持たせて楽しもうと、これぞという紅茶を選び、その紅茶を飲んで、二人が美味しいと意見が一致したら、その紅茶を買うというルールを設けた。

選択した紅茶は「パリ-ロンドン」。

前回、買った「パリ-ギンザ」がとても美味しかったので、今回は同じようなネーミングで、日本の銀座ではなく、イギリスのロンドンを選んだ。

ローズとラベンダーのハーブブレンドティーである。

写真ではわかりにくいが、かなり薄い色合いのキリッとした味のローズヒップティー。

紅茶を飲んだ後の妻との意見交換では、妻はOK、私はNG。

遊びではあるがルールはルール。

意見が分かれたので、今回は買わなかった。

後から思ったことであるが、二人が同じ「パリ-ロンドン」を頼んだのは失敗であった。

紅茶が大好きな妻のことを考えると、それぞれが、これぞと思う紅茶を頼めば、少なくとも、妻が自分で選んだ紅茶はOKとなるのは間違い無く、少なくとも1種類の紅茶を買って来ることが出来る。

こんな単純なことに何故気付かなかったのだろうか。

次回からは、それぞれが別の紅茶を頼んで、味とその後の意見交換を楽しもうと思う。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

天ぷら阿部銀座本店

天ぷら阿部は、前回食べたディナーコースが美味しく、今回リピートで、ランチに出かけた。

開店とほぼ同時刻に着いたが、店が狭いせいもあり、既にカウンターは満席であったが、テーブル席は空いていた。

今回は上天丼ランチにしたので、カウンターに座る必要もなく、直ぐ座ることが出来、運が良かった。

大海老二本・魚一品・野菜五品・ご飯・味噌汁・香の物

阿部の天ぷらは関西風と思うほど、色が白く、カリッとサクサク、あっさりとしている。

もちろん吟味された食材で、とても美味しい天ぷらである。

天ぷらの色が白いんだねえと訊いたところ、使っている油が太白ごま油と国産綿実油をブレンドしているという返事で、納得した。

上天丼は、カリッとあっさり味の天ぷらに加え、たれもあっさりしており、あっという間に完食した。

天丼を選択した理由は、最近お気に入りの天晶と味の比較をしたかったからである。

天ぷら阿部の方が天ぷらそのものは美味しく、あっさりとしたたれも美味しいが、天晶の甘めのたれも捨てがたく、料金も加味すると、どちらも甲乙つけがたいというところだろうか。

何れにしても、天ぷら阿部は味も良し、価格も良心的とコスパ抜群の天ぷら屋であることを再認識した。

次回東京に来る時も、必ず阿部は「食コース」に入れよう。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング