神戸小旅行 布引ハーブ園

神戸小旅行の3つ目の目的は妻を布引ハーブ園に連れて行くことである。

前回、友達に連れていってもらった素晴らしいハーブ園を見せたかったからである。

妻なら絶対気に入るという自信があったが案の定すっかりお気に入りになったようである。

布引ハーブ園へはロープウェイに乗る。

山麓駅をスタートし、スタイリッシュなロープウェイから天に向かって進む。

眼下には神戸の街が広がっている。

中間駅を通過し、頂上駅に到着。

きれいな花が出迎えてくれる。

いっぱいの花が咲き乱れているなかで、ちょうどバラが最盛期である。

是非庭にも植えたいと思った綺麗なバラであるが、迂闊にもに名前を控えてくるのを忘れてしまった。

香りの種類毎にエリアを設けているのは、私にはとてもありがたい。

香りの好みによる占いというコーナーがあり、私がやるとAのFという結果が出た。

お目当てのアロマオイルコーナーへ。

ダマスクローズは、若干手元に残りがあったので、ローズの香りのローズゼラニウムを購入。

然し大きな失敗をしてしまった。

昔、随分凝っていたイランイランを見つけ、買うつもりであったが買いそびれてしまった。

妻がバラの花のお茶を見つけ、喜びの声をあげたので、ついそちらに気を取られてしまったからである。

買って来たバラの花のお茶の色はきれいであるが、香りは昔ドイツに出張した際、買って来た方が随分と良い香りであった。

満足に歩けない私達は頂上駅付近の一部しか回れなかったが、みちぞえに植えてある多種多様のハーブ、ハンモックがおいてある広場等々、12のガーデンがあり、ゆっくり楽しむには丸1日かかるだろう。

イランイランを買いに、またバラの名前を調べにと色々理由をつけて、なるべく早く布引ハーブ園に来たいものだ。

それにしても市街地に素敵なハーブ園がある神戸市民が羨ましい。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング

日本穀物協会の食味ランキング

私は米が大好きで、品種を固定せず、色々な品種の味を楽しんでいる。

一種の趣味のようなものだ。

これはと思って買った米が美味しいと、とてもハッピーな気分になる。

このようなことを始めたきっかけは、以前に買った「さがびより」を買ったことに始まる。

美味しい米どころは寒いところということが通説であるが、暖かい佐賀県のお米は、どんな味だろうと思ったことと、「さがびより」というネーミングが気に入り、買ってみた。
興味本位で買った米であったが、これが実に美味しい米であった。

こうなると「さがびより」の氏素性が気になる。

早速ネットで調べたところ、初めて食味ランキングという存在を知り、「さがびより」は「特A」にランク付けされていることを知った。

日本穀物協会によると

米の食味ランキングは、複数産地のコシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行う。

とある。

要は、「A’」以上のランクの米を買うことが無難であるということだ。

温暖な気候にもかかわらず、「さがびより」は「特A」を取っているのである。

令和3年産米の食味ランキングが3月初めに発表されたが、「さがびより」は12年連続で「特A」を続けている。

12年連続してとり続けているのは、他に北海道の「ななつぼし」の2品種だけである。

佐賀県の農業従事関連の方々の努力の甲斐あって、温暖気候での米の育成ノウハウを不動のものとしたと思う。

ただただ敬服するのみである。

私が見つけた最高傑作の米は「さがびより」だと思っているが、最近では、「きぬむすめ」に遭遇した。

三朝温泉の万翆楼に宿泊した際、美味しい米が「きぬむすめ」であった。

万翆楼で販売していたので、買って帰ったが、調べると「特A」ランクであった。

以来、「きぬむすめ」も購入しているが、鳥取県以外に岡山県の「きぬむすめ」も最近の「特A」ランクであることがわかった。

今年の食味ランキングを見ていると、「きぬむすめ」は鳥取、岡山以外に和歌山、島根、山口で「特A」にランキングされた。

これから、「きぬむすめ」の時代が到来するかと思うと、人ごとながら嬉しくなる。

私が食べた米で、広島の「恋の予感」という面白いネーミングの米が、「特A」にランキングされた。

食味ランキングのデータとして面白いのは、絶対的なブランドを確立している魚沼産の「コシヒカリ」が、平成29年度だけ「特A」から外れていることだ。

食味ランキング表も参考にしながら、新しい米を発掘することは実に楽しい。

広島ブログ


にほんブログ村


日記・雑談(70歳代)ランキング